高麗人参が赤血球・造血に関わる理由

めまいや立ちくらみ、動悸など貧血の症状に悩んでいる人、必見!
実は高麗人参は貧血対策としても効果が期待できます。

 

貧血は赤血球が不足することで起こるのですが、高麗人参は赤血球の生成に携わっていることから、貧血の諸症状をはじめ、疲れやすいなどの症状改善に効果があると言われています。

 

通常、赤血球は骨髄で生成されます。赤血球の寿命は3ヶ月から4ヶ月ほどと言われています。
もし骨髄の機能が低下してしまうと、赤血球が生成されなくなるので、貧血の症状が起こります。
鉄欠乏性貧血といって鉄分不足が原因の場合もありますが、鉄分補給によっても改善が見られない場合は、骨髄が弱っているのかもしれません。

 

高麗人参は骨髄にアプローチし、赤血球を生成する働きがあると言われています。つまり、間接的に赤血球造りに役立ち、造血によって貧血などの対策に用いられています。

 

併せて、白血球や血小板にも良い影響をもたらすと言われています。
白血球には体内に侵入してくる異物を撃退し、血小板はケガをしたときなどに止血するために必要です。

 

このように健康のために欠かせない血液にも関与しています。