高麗人参が副腎皮質ホルモンに作用する理由

高麗人参は副腎皮質ホルモンに作用することでも有名です。が、「副腎皮質ホルモンってなに?」と、よく分からないという方も少なくないと思います。

 

副腎皮質ホルモンは、簡単に言うとストレスと戦う物質です。

 

現代社会はストレス社会とも言われ、ストレスを抱えている人は多いとされています。
肉体的ストレス、精神的ストレス、あるいは病気や睡眠不足からくるストレス。
さまざまなストレスを感じたとき、人は副腎皮質ホルモンを分泌してストレスから体を守ろうとします。

 

つまり、過剰にストレスを受けていると、副腎皮質ホルモンもたくさん分泌されてしまいます。

 

高麗人参に含まれるサポニンは副腎皮質ホルモンの分泌に関わっているため、ストレスを受けたときにホルモンの働きで楽な状態に戻りやすくなるため、ホルモン分泌の過多を防ぐことができます。
ちょうどいい程度に副腎皮質ホルモンの分泌をコントロールする働きがあるので、過剰な刺激もありません。

 

一般的にアレルギーの治療などでステロイド剤が用いられますが、このステロイド剤も副腎皮質ホルモンと同様の効果があります。ですが、ステロイド剤は中毒性があり、副作用がデメリットです。
そのため、ステロイド剤を使用していると、止めたときに症状が落ち着かなくなることが指摘されています。
一方のサポニンは副作用が起こりにくく、安全なところがメリットです。