高麗人参の含有成分・サポニンとは?

高麗人参といえば栄養価が高いことで有名ですが、含有成分の中でもとくに関心を集めているのが「サポニン」という成分です。
この成分が、さまざまな効能に携わっています。

 

サポニンは高麗人参以外にも、植物に含まれる配糖体のことで、泡立てるための界面活性剤として使用されることもあります。
また、お茶やコーヒーの苦みはサポニンによるもので、大豆にも含まれています。

 

さて、高麗人参に含まれるサポニンですが、さまざまな作用があります。
殺菌力や抗菌力に優れていることから免疫力を強化する効果があるため、風邪やガンの予防、アレルギー症状対策などに効果が期待されています。
体の自然治癒力を正常にすることから、根本的に体質改善になると考えられます。

 

また、代謝促進作用もあり、糖質・脂質の代謝を促すことから肥満対策やダイエットにも適していると言われています。
血管を拡張する働きもあり、血流を改善して体の健康や美肌効果などにも期待できます。
このような働きから、高麗人参は健康にも美容にも効果が期待できる素材として、男女問わず注目されています。

 

 

 

 

 

 

 

高麗人参以外のサポニンを含む食べ物

 

サポニンを含む食品では高麗人参が代表的ですが、配糖体の一種ですので他の食べ物にも含まれています。

 

サポニンを多く含む食べ物では、下記のような食べ物が挙がります。
・ジギタリス
・ブドウの果皮
・オリーブ
・大豆、小豆
・なた豆

 

この他に植物としては、
・無患子(むくろじ)
・きばなおうぎ
・セネガ
などがあります。

 

お茶やコーヒーにも含まれていますが、やはりサポニン量が豊富な素材といったら高麗人参です。