高麗人参の含有成分・アルカロイドとは?

高麗人参の含有成分といえば、サポニンに次いで「アルカロイド」が有名です。

 

アルカロイドというと一般的に考えると「毒」のイメージがありますが、”毒を持って制す”という言葉の通り漢方などの世界では、解毒成分として利用されています。

 

実際、毒性が強い物が多いのですが、医療的にも用いられています。
モルヒネなどの鎮痛薬、麻酔薬、痛風の治療薬であるコルヒチン、高血圧治療薬のレセルピンなど。これらは全てアルカロイドの一種です。

 

この他にも、キニーネ(抗マラリア薬)や麦角アルカロイド、ビンカミン、腫瘍の治療に使われるビンクリスチンなども同じように、アルカロイドです。

 

以上の他にも、抗がん剤としても利用されています。
アルカロイドはDNAがコピーされるときに作られる酵素の阻害や、ガン細胞増殖の抑制などに効果があると言われています。
そのため、抗がん剤として使われるビンブラスチンやビンクリスチンもアルカロイドから作られているものです。
これらの薬剤はガン細胞の微小管生成を阻害し、分裂した細胞にガン遺伝子が組み込まれないように働くとされています。また、悪性リンパ腫などにも効果があると言われています。